ここだけの話し☆彡

December 28, 2005

ひ・み・つ Part7で御座いま〜す! 5

★パート7

<花桃の、ドラマに負けない回想ブログ>

ひ・み・つ シリーズ!! パート7

 

話しは。。。

コートハウスで婚姻届を済まし、Geeがハワイに発つ前夜。。

 

1989年。 冬。

15年前、前夫と岩国の基地で出会って、ボッ!!と恋に火が点き、半年経つか経たないかで 彼を追ってジョージア州に来る事にまで。。。

当時 私23歳、Gee19歳。。。。


明日 Geeはハワイに発つ。

私は、一ヵ月後にハワイに行く予定。

軍からチケットを用意されるまでに、少し時間が掛かるのだ。

 

それにしても、一ヶ月は長い。。。

其の間、彼の母親のアパートに居候する事になる。

彼の姉が一人に妹が一人。

英語もまだまだの私。

彼の居ない見知らぬ場所。

チョッピリ 不安だなぁ〜

 

その夜10時だったろうか??

Geeに電話が掛かる。

こんな時間に、それも彼が出発する前夜に

 

Geeは電話のある部屋へ向かう

5分経過

そして。。。

と話しているんだろう?

辛抱強く待つ私

時間が妙に長く感じられた。

 

私は、Geeのいる部屋へ静かに近寄ってみる。

Geeの妹が、電話の相手は昔の彼女だと教えてくれた。

What??? 

急に怒りが混み上げて来た。

一度ここに来たあの女性

Geeに惚れ込んでいたと言うあの

 

What in the wolrd is going on?

He is leaving tomorrow morning.

We don't have much time together.

And he is talking to her??? right now?

。。。His old girlfriend

 

納得が行かなかった。

少しでも長い時間、彼と一緒に居たかった私なのに

昔の彼女と長々と話している何て

Geeのが知れ無い!

 

怒りと侮辱、半分半分。

その煮え切り返った気持ちで

私は真っ直ぐに電話の側へ。

受話器を片手にGeeの話している横顔が見える。

彼の半分テレ腐ったような表情。

まだ話しが終わらない二人の会話の途中。

私はガチャンと受話器を下ろす衝動を押さえ

電話機のフックを下に押さえた。

 

Baby, what are you doing?

Did you tell her that we got married?

Why you can't say that You got to go 。。。。

 

私は、イライラを痛り越して頭が爆発しそうだった。

 

I was trying to explain to her... と彼

Explain??  

何を彼女に説明する訳?

僕はもう結婚したから、電話掛けて来ないで欲しい

とか何とか男らしく言えないの?

 

それにしても。。何と頼りの無い旦那様だろう!?



hanamitsu009 at 12:31コメント(6)トラックバック(0) 

December 26, 2005

クリスマスには。。。〈*・。・*)/

前夫(Gee)からの電話。

 

今年は、子供達を彼の母親の家に連れて行きたいと言う。

引っ越し先のアトランタではなく、

この隣市に家を持つ母親と姉の所で、クリスマスを一緒にやる計画らしい。

 

ここ何年か、クリスマスには子供達 アチラを訪問している。

 

前夫との間に出来た、上の子供達3人

テイファニー16歳、マーカス14歳、マイレ8歳。

。。の内、上の子2人は、あの時の事をよく覚えている。

3人目のマイレは、まだ小さかったから、父親の記憶など殆どゼロ。

 

一人で苦労に苦労を重ねた5年間。

マイレは、まだ産まれていなかった。

もう一人子供を身籠れば、家族の事を思って戻って来るのでは

。。。と、思った私が浅はかだった。

が、其の当時は「藁をも掴む」心境だったのだ。

 

10年間掛かって築き上げたモノを、サラッと水に流す覚悟など 当時の私には出来てはいなかった。

 

「仕事を探してる最中だから。。。」が、何時もの口癖だった。

何の金銭援助もしてくれないまま、言い訳ばかりで

家を開け続けた前夫。

安アパートで、私と子供達3人だけ。

5年間も。。。。

 

一体 何度、ガスを止められた事だろう?

電話は2週間に一度? 有るか無いか!?

帰って来たと思っても、10分程度でまた何処かへ行ってしまう。

彼のお姉さんがやっとの事で、彼の居所を付き止めた事もあるが、

メッセージは、決まって一言。

I'll take care of it」 。。。。何とかするよ!

払うガス代が無くても、お店に行きたくても、まして子供が幾ら父親を寂しがっても。。。

それでも帰って来る兆し、全くゼロ。

 

食料は、クーポン券を援助されていたので良かったが

その他諸々の支払いは、電話で私が

「もう少し、待って下されば必ずお支払いしますから。。」

と、お金の入る当ても無く、出来るだけ期日を延ばして貰っていた。

 

最初の頃は、大のパパっ子だった長女。

あの頃はまだ7歳?前後。

「Why Daddy is not coming back?」

と言っては、よく泣き出したものだ。

「Tiffany...Daddy is looking for the job for us ...」

と慰めようとした私だが。。。

自分の力の無さに、泣きに泣いたあの頃だった。

 

長女には、特に堪えたのだろう。

大好きなパパが、幾晩も帰って来なかったんだから。。。

彼女、今でもその事をはっきり覚えていると言う。

 

そして5年後の在る日、「子供達が見たい」と、ヒョッコリ姿を現わした。

前夫。。。勝手な者だと思う。

 

長い間、家族を路頭に迷わせて、その責任も愚か、子供達にはっきりとした謝罪も説明もしていない儘。

I didn't do anything wrong....

自分の責任では無いんだ

と、まだ言い張っている ら・し・いでは無いか!

何て事だろう!!

 

父親を父親と思えない、父親と認められない子供達の本心。

私と主人(現在の)にはよく分かる。

 

クリスマスに3人が此処に居なくても、私達の心は一つ。



hanamitsu009 at 06:55コメント(6)トラックバック(0) 

December 15, 2005

ひ・み・つ Part5で御座いま〜す! 5

パート5! 時は、1988年。冬。

前夫と岩国の基地で出会って、ボッ!!と恋に火が点き、半年経つか経たないかで彼を追ってジョージア州に来る事にまで。。。

当時 私23歳、Gee19歳。


ジョージア州に来て、間も無いある日の事。

Gee(前夫)の友達が、彼を訪ねて来ました。

彼が家に帰って来たのを誰かに聞いたんでしょう?

 

得体の知れ無い人物が、家の中に。。。

Aの正体は。。。? 

それも背の高くスレンダーな女性

実は、彼女、Geeと高校の時 短い間ですが付き合っていたらしいんです。

話しでは、Geeにもうぞっこんだったと聞きました。

 

前にも書いたように、Geeはプレーボーイではプロ級。

あらゆる所に女が、ウジャウジャとおりました様で。。。

 

此方では、そう云う男を ”Dog” と呼びます。

∪▼ェ▼X∪ 女を弄ぶ男。。。

”You are dog,Maaan!”

 

二人は、リビング・ルームのカウチに向かい合うようにして座りました。

私もぅーっと、Geeの側にフィアンセらしく。

Geeは、簡単な挨拶を交わした後、彼女に私をフィアンセだと紹介。

しかし、それを聞いても”ビックリ!”した様子を全く見せない彼女。

その反対に、私に Geeとの馴れ初めなどなどズケズケと質問までして来るじゃぁ〜ないですか。

アメリカ人はホント肝が太いのか

それとも常識に外れてるのか

 

そう言えば、Geeはこんな事も言っていましたっけ。

American girls are different.

Especially,When it comes to your man.

They are much more aggressive and 

If you don’t say anything,

they will take your man,too.

 

それが頭の何処かにしっかりと焼き付いていた私。

一度好きになった彼氏はドンナ事をしても物にするアメリカ人女性!?

ぷらぁすぅ〜、彼に何人もいたと言う彼女達の事が頭に過ぎりました。

二人の会話が何だか親密そうに思えて来るなぁ〜。

 

私達が本当に結婚するのか否か?

本当に心から愛し合っているのか否か?

そんな事は彼女には到底 関心の無い話しなのかも知れ無い。

頭にあるのは、Geeばかり!?

只 Geeを奪い取る一心で早くも計画を練っているのか?

「恋する女」。。。

彼女から流れ出る強く微妙なエネルギーを肌で感じ取った私、ライバル意識がメキメキと盛り上がって来るのを、もう止める事は出来ない。

 

 

と同時に。。。

私には、Geeの態度が如何も煮え切らなく思えて腹まで立って来た。

昔話しに花が咲くのは分かるけど、チョツト優し過ぎるんじゃないの?

 付き合ってた彼女に、此れから結婚して幸せになるGee。

そして、一人でヤキモキしているフィアンセの私。

廊下を行き来しながら、ヤキモキにボッ!と火が点いた。

 

まだ話してる。

Geeも何してんだろ?

彼女との会話を楽しんでる訳?

私達、もう直ぐ結婚するって言うのに。。。

彼女も彼女よねぇ〜、結婚する事実なんか呑み込めて無いじゃない。

相手が結婚しようとしていようと、”私はGeeが好き”って感情が見え見えよね〜。

二人は話を続けている。

 

遂に、我慢に限界を感じて。。。

二人のいるリビング・ルームを通り過ぎながら私、大き目な声で彼女が聞こえるように、 業と悪い言葉を吐いちゃったのでした。

そうです! Swear word で御座います。

もう内心カンカンに煮えくり返った私は、遂 相手を罵倒するような事を言ってしまったのです。

 

Geeと付き合うようになってから、先ず彼が教えてくれたのは、そう言った悪い言葉でした。

何かと言うとGeeは、彼の友達に向かって

「Baby,Say... (あれ言え)」だの「Say...(これ言え)」だの、私に言わせて一人で面白がっていました。

最初はその意味がはっきり分からなくても、悪い言葉だと言う事を勘取っていました私ですが。。。調子に乗って言った事も何度かありました。

 

近くの部屋でTVを見ていた?Geeのお母さん。

勿論、其れを耳にしたお母様から顰蹙を買ってしまったのは、言うまでも有りません。

 

その後、Geeの友達が帰って、

「如何してはっきりした態度を取らなかったの?」と言う私の問いに

Geeは、I was trying to explain to her

などと私にとっては気の弱い、的の外れたような事を言っておりました。

 

しっかし、これまでお利口さんだった私が、人を罵倒しよう何て自分でも信じられませんでした。

をして強くなった私?

自分の領域に踏み込んで来た侵入者に浅はかでは有りましたが、自己防衛の態度を取ったのでしょうか!?

女は強し!自分でも知らなかった一面を垣間見た私でした。 



hanamitsu009 at 00:09コメント(10)トラックバック(0) 

December 07, 2005

ひ・み・つ Part4で御座います! 5

皆様、長らく御待たせ致しました。 

パート4: 初めてのジョージア!!

 

軍の飛行機でGeeが日本を去る日が間直に迫る。

”私も航空券を買って直ぐ後を追うから”とGeeに約束し合って別れた。

必要な手続きを済ませ、私が日本を出発したのが1988年、12月半ば。

 

初めてのジョージア州へ。

興奮と期待の入り混じった気持ち。

一人ぽっちの心細い旅行で、英語がよく聞き取れない事への不安が少〜し。

と言ってもこの時点では、Geeに会えると言う気持ちの方がドンナ不安な気持ちより勝っていた。

 

出初前日には、私は東京の全日空ホテルで一泊。

東京からシカゴで飛行機を乗り換え、シカゴからアトランタへ。

その間、待ち時間あれこれなどを含めても15時間を有に超えていた事でしょう。

私には、ちょっとした長旅になりました。

最後にアトランタから、もう一度飛行機の乗り換えを。

 

遂に目的地のサバナ空港へ到着。

空港でGeeの妹とその友達ににピックアップされた私、真っ先に連れて行かれたのは、彼のお母さんの所。

勿論!??

と言っても、家ではなく何処かの駐車場であったように覚えています。

車の中に座っていたお初にお目に掛かるお母様に、Geeに前持って言われたように

It’s pleased to meet you...”  と挨拶した私。

実はね、この一文を飛行機の中で、何度も練習していた私なのでありますよ。

健気だった私。。。

でも、最初の印象が大切と思ってね。

日本発の笑顔もしっかり。

ニッコリ!!と。。。。(*^-^*) ニッコリ☆°

 

車内に座って様子を伺っていたお母様の目に、ピカリッ!と冷たい光が。。。

幾ら、風邪を引いていて気分が優れないと言っても、相手が私を歓迎していない事くらい明白。

ピピッと感じましたもの。

私を気に入らないみたいだねぇ〜。

と気にはなりながらも、半分病気の私にはそんな事より何より、ベツドに横になりたい思いが優先していました。

 

それから、Geeの従兄弟や友達やらに簡単に紹介され、

そう Geeが前から電話で私の事を家族や従兄弟に話していた様子で、

「Oh,you’re Ron’s girlfriend.

He told us about you a lot。。」

などと皆様 事情をよくお分かりでした。

私は、日本に居る時のように、又もやニコニコと笑顔を振り撒いて。

しっかし体は、風邪でもうバテバテ

 

晴れてベツドに横になれた私ですが、が止まらず疲れているのに眠れない。

咳を繰り返しながらベッドの上でその見知らぬ部屋を彼方此方 見渡しては、

一入に寂しが募りに募る私でした。

 

こんな見知らぬ土地で、私 をしているんだろう?

親に黙って。。。

嘘を付いたんだもの。

怒られるかな?

お母さん、さぞかし ガッカリするだろうな?

 

それから暫くして、夕方でしょうか? 彼からの電話。

受話器を渡されて、聞くのは愛しい彼の声。

軍の飛行機に何だかのトラブルがあるようで、もう少し掛かるらしいとの事。

初めて離れ離れになった2・3週間?(期間をしっかり覚えて居ないもので)

日本では、毎日のように会ってた私達。

食事に行ったり、クラブに行ったり、友達とドライブしたり。

私がバイトしていた場所にも時々会いに来てくれた彼。

私 バイトも、基地に近いと言う理由だけで広島市から岩国市に変えちゃいました。

「恋は盲目」  恋の為ならって、よく言ったものですねぇ。

 

離れて2週間しか経っていなのに、2ヶ月にまでにも感じられる毎日。

ジョージアで一人ぼっち。

もう泣き出したいくらいに心細くなった私でした。

電話での私の声もさ・ぞ・か・し上擦っていた事でしょう!

 

そして。。。

やっとGeeの到着の日。

私の頑固な風邪も少し良くなっての待ちに待った再開。

早速、空港までお迎えに。

まだかしら? 

まだ出て来ないの?

ロビーで立ったまま、私の心は期待でソワソワの仕捲り。

そして。。。。

彼の姿が見えた時には、我慢が出来ず

6フィートの彼。。。180センチちょっとある背丈に

飛び上がって抱きついた私。

それこそドラマに負けんばかりのクライマックス!?

 

その嬉しさが体中から溢れ出さんばかり。

 

泣きに泣いて日本を去った甲斐があった。

彼と結婚して幸せになるんだから。

お母さんもきっと分かってくれる。

両親には、結婚してから知らせよう。

よく説明すれば、きっと私の事を許してくれる!???

 

 

 

 

                                                                    

 



hanamitsu009 at 21:51コメント(7)トラックバック(0) 

December 03, 2005

「人間バトン」で御座いまするぅ? 5

ではでは、Livedoor フレパ仲間のぽんちゃんさんから Tobbyさんに渡った「人間バトン」 。

水泳にジョギングに青春してる気の優しいぽんちゃんさん

そして 現在 回りに起こっている感心度の高い記事を載せ、 これをバッサバッサと切り倒す社会認識の高いTobbyさん

 

「人間バトン」

これが中々面白いゲームのようでして。。。お二人に指名されちゃぁ?、やるっきゃない!!

ではでは、ゲームスタート!!

 

 1.回してくれた方に対しての印象をどうぞ。

この前にも載せませたが、知性の高い社会人! 最初、Tobbyさんのサイトを見た時にはね、もう色々あってその充実さにビツクリしましたもの。この方、頭が良いんだなぁ?って感心致しましたよ。日本人でしっかり物が言える女性って、尊敬しちゃいますね。。。

 

 2.周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?5つ述べてください。

★超明るい

★お面白い

★テキパキ屋

★エネルギツシュ

★よく喋る主婦

 

 3.自分の好きな人間性について5つ述べてください。

☆好きな事には、特に頑固になる

☆超綺麗好き

☆人間大好き。。。慣れ慣れしい??

☆前向きに物を考える

☆子供に笑われないよう考えて行動している!?

 

 4.では反対に嫌いなタイプは?

消極的で、何かと言うと愚痴を零すばっかの人。。。

 

 5.自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?

私の主人のように、心身共にバランスの取れた人間になりたいですねぇ。

彼 ホント頭も良いし。知性度高。 誰とでも話しが出来る、私にとったらスーパーヒーロー!!

 

 6.自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。

皆様、未熟者の私ですが、此れからもこの花桃タンタン、末永く仲良くしてやって下さいましねぇ?。 ▼o^ェ^o▼

 

それでは。。。バトンを渡す次のお方は???(^・-・^)ん?

文章を書くのがお上手なMashさんにお願い致したいのですが、

Mashさん、如何でしょうね?   

 

 



hanamitsu009 at 08:37コメント(4)トラックバック(0) 

人生、辛抱が一番大事!!  〈*・。・*)/ 5

今、FeedStoreから帰って来たところ。

あの大ウサギを売ってる場所ですよ〜。

馬や▼oTェTo▼を売りたい飼い主からのメッセなんかも、掲示板みたいな物に写真付きで張られています。

私も将来。。。馬さん飼って見たいなぁ〜。

 

そう!今回も豚さん達の餌のコーンを買いました。

10キロ位の袋かな? 

9袋買いましたが、割と大きいんですよ。

袋は全部、そこに働いているお兄いさん達に車へ運んで貰います。

豚さん達、24/7食欲旺盛だから。。。と言うより只食べる為に生れてきたようなもの!?

それで、餌が直ぐ無くなっちゃう。

 


以前は、主人も少しは時間があったのでコーンの他にも色々餌を用意していたんですが、

現在は今の仕事にスティール、そして豚畜と全部で3つの仕事がありますから超忙しいんです。

週6日、プラス日曜日も教会へ行った後も、彼 何かと忙しく動き回っている始末。

まぁ〜、そう云う訳で豚さんを半分売る事にしたんですね〜。

何かと言うと脱出したがる豚くん達に、もうウンザリだと。。。

主人の父が45年?も続けて来た豚畜。

餌が良いのか?豚さんのサイズも他のよりずーっと大きいんです。

でもでも。。。生きている物の世話は、ホント半端じゃないからね〜。

 


パンパカパ−ン!!  〈*・。・*)/

そうそう、昨日 主人の昇進があったんですよ。

実は、この4年?Redneckのボス(白人)の下で、

それはそれは辛抱強く働いていた彼。

あのボスね、主人に執妬していたんです! 

モチ黒人偏見の意もその裏に絡んでいたのですが。。。

だから、優秀な主人の仕事振りが許せなかった。

まぁ〜「あれして、これして。。。」と逸れこそスレーブ扱い。

主人より若いクセに、彼の Never Give Up! の努根性さが気に入らなかった事は、もう見え見栄。

 

 

この4年、早く主人に今の仕事を辞めて欲しかったのが私の本音でした。

色々とあのボスの話しは聞いていましたから。。。

才能のある主人ですから、何処か他の場所で働いた方が良いのでは?と真剣に思ったんですねぇ〜。

もう少し頑張って見るよ、彼は笑顔でよくそう言いました。

彼ねぇ〜、良い性格してるんです。

Humbleなのよ。  

所謂、謙遜派なのねぇ。

我が家は皆なクリスチャンですから、私 神様にも多いにお願いしたんです。

 

 

彼此 3ヶ月前になるでしょうか?

あの意地悪〜いボスが、会社から巨額な金を騙し取っていた事が判明。

同じ会社で経理をしていた彼の奥さんも一緒の犯行らしいです。

でもね、その奥さん、主人から殴られたと見えるアザの跡があちらこちら。

脅かされて一緒に犯行に及んだのでしょう!?

可愛そうな話しですよ。

事件は新聞にもドカーッと載りました。

盗んだ金額が、大きいですから。。。。

家族で未だに逃走中だとか??

 

 

その後、会社のオーナーも変わり、全てが一新しました。

あれから5年近く。。。

長く続いた冬に終わりを告げ、まるで春が顔を出したかのよう。

主人は、やっと他のスーパーバイザーと同額のお給料を貰えるようになったのです。

これまで愚痴一つ零さずに、毎日頑張ってくれた主人に感謝!!


 



hanamitsu009 at 05:09コメント(0)トラックバック(0) 

November 15, 2005

「ひ・み・つ」の追加で御座い居ま〜す!! 5

学生の頃から、アメリカ大好き! 外人大〜好き!! 

で、その別世界に 勝手に呑めりに呑めり込んでいた私。

「物には限界がある!」とは言うものの、アソコまで行ったら、病気だわよね〜!?

って、自分で言うんだから、ショウガナイ!? ▼o^ェ^o▼

 

 

その元を辿れば。。。

英語担当の田原先生のペラペラと それはそれは流暢に話す英語の滑らかさに、心身共に溶けてしまったあの頃、私は儚い中学生。

英語。。。

日本語とは全く違う、滑らかで何て軽い発音なんだろう。

私もアンナ風に英語を話してみたい!  

何時か 外人の人と会話出来るようになりたい。。。

それからは、毎日のように 購入した英語のテープを聞いたり、英語に関する本を読んだり、自分なりに頑張りに頑張った。

雅か、その英語好き、外人好きがここまで来るとは 思っても見なかった。

不思議な物だと思う。

大尊敬していた母の言う事を振り切ってまで、自分の意思を通そうと ここまで意地を張るとはね〜。

親不幸!  自分勝手!!

此れまで、母の助言を聞いて悔いをした事など無い私なのに。

そうです! 

此れまでの経験から見ても、母の言う事は殆ど全て当たっていたのですから。

「黒人と結婚するな!」と、言う以外にはね。

 

 


だから、人生は余計に面白いのだろうか!?

この先、何が起こるか全く分からないのだから!! 

 

 


米軍基地で会った(前夫)Geeと素早く恋に落ち。。。

日本を脱出して、晴れて結婚した後。。。

あの頃は、毎日 もう嬉しくて有頂天だったなあ〜。

私達はハワイに5年、ノースキャロライナに2年 住んだ。

ハワイでは、二人の子供にも 恵まれる。    

私達 喧嘩をよくしたが、これって普通だと思ってた。

私の両親も 時々 ガミガミ言い合っていたからなあ〜。。。

私達の場合は、喧嘩を通り越してチョット怖くなる様な場面にも出くわした事があるが。。。

まあ〜、それはそれで 後で別に話そう。

 

 


その喧嘩の一つで。。。。こんな事があった。

場所はハワイ。 

結婚してあまり間がない頃。

何かが原因で口喧嘩が始まり、頭に来た私は 彼に冷蔵庫から取り出したオレンジ・ジュースを頭から掛けた。

そして素早くバスルームに駆け込んだ私だったが、彼は私よりずーっと背が高いし 力も断然 強い。

簡単に戸をこじ開けられ、今度は ミルクを同じように頭から 掛けられた思い出がある。

冷たいミルクが、髪を伝わって素早くも下方に流れていくのを感じながら、”又 馬鹿な事をしたなあ〜” と、立ち竦みながら後悔した。

御互い若かった所為か、こんな馬鹿な喧嘩をよく繰り返したのだ。

 


そんな中で 私。。。何度も。。。「家に帰ろうか?」と迷い始めたものだ。

住み育った日本。   母の温もりの感じられる家。   仲の良い友達。。。

昔の楽しい思い出が、頭の中で 次々に思い出されて 悲しくなった。

 

 

喧嘩をする度に、大きく心が揺らいだ。

自分の決断が間違っていたのだろうか?

回りの人が言うように、所詮 国際結婚は上手く行かないものなのだろうか?

日本に帰ったら、翻訳家専門の学校にだって行けるのに〜。

。。。。でも???

彼と一緒になりたいばかりで、両親に嘘を付いてまで、ここまで来たのに〜。

喧嘩をしたからと言って、此の儘 オズオズと引き帰る訳には行かない。  

自分の道が正しい事を証明するまでは、

まだ帰れない。。。。。

そのプライドで、殆どそのプライドだけで ここに居座ったと言っても過言では無い。

 

 


 

それから、10年間が過ぎた頃、

丁度 彼がマリーンを辞める事を決断し、ここジョージア州に帰って来た頃。

私達の結婚生活は急変した。

これまで信じられなかった様な事が、数々 起こった。

離婚まで真剣に見当しだした私だった。

彼は 色んな理屈を付けては 家を開けるようになってしまい、金銭面の援助もゼロに。

そんな暗黒の時期が5年?続いただろうか??

私と3人の子供達は、路頭に迷う手前に?

それとも。。。???

 

続きを読む

hanamitsu009 at 00:44コメント(5)トラックバック(0) 

November 06, 2005

ひ・み・つ Part 5

そう言えば、Geeは プレーボーイだったみたいね〜。


日本で彼と付き合い始めた直前の直前も、日本人の彼女がちゃ〜んと居たし、其の前にも数多くいらっしゃったようで御座います。  はぁ〜い。

女に優しいと言うか、女性の扱い方が上手いと言うか??

 只単に、女好きだったのかもね。   ムフフ。。。

 しっかし、彼のルックスは冗談抜き、上出来で御座いました。

 よくモテタ訳だわなぁ〜。。。§∂v∂§

 あんなセクシー!?な男性など、それまでお目に掛かった事などゼロの私。

 ちょっとちょっと〜、彼のLooks だけに惹かれた訳では無いのよ〜。。。

 ホント。。。。。? ??




初めてGeeに会ったのは、岩国の基地の回りにあった クラブ「ソレント」の前。

 友達と約束していた其の日、私はソレントの前にある階段の上段から何気なく下方を見ている。 と。。。  

”友達、まだ来ないなあ〜”




青いスウェット・パンツに網目の入った赤いノースリーブのシャツを着た、背の高い彼が下方から私をじっと見詰めているではな いの。

その見知らぬ彼、体型の整った筋肉質の体を見せ付けるかのように、自信に満ち溢れた表情を浮かべながら、私に軽くウインクを寄こして来た。

御馬鹿さんの私、あの人 今 誰にウインクしたの?と、

階段の2階に立ったまま思わず後ろを振り向いて他に誰か居ないか、 確かめちゃった。 



  ”何方かぁ〜???”   あら、誰もいないっか???

  アハハハ。。。。でも、この人、馬路???

  何て奴だ!  知らない相手に超自身満々のウインクを送るなんて。。。

それも、気皿無いであんなに自然に。。。。って、上手下手は 関係無いって??



 こいつには、今後 気を付けなくてはアカン。 §∂v∂§ 続きを読む

hanamitsu009 at 06:46コメント(6)トラックバック(0) 

November 05, 2005

ひ・み・つ パート 5

Gee(前夫)は、軍の飛行機で一足先に ジョージア州へ。

彼の家族がいる場所。

私は、母に荷作りをして貰った後、不安と期待の混ざり合った気持ちで空港に。

彼に会いたくて堪らない。。。他の事は考えたくなかった。

自分で決めた事だから、今更 後には引き返せない。

お母さ ん、ゴメンネ。




私が、彼より先にジョージアの空港へ着いた。

軍の飛行機は、遅れを取っているらしく、彼はその3日後ジョージアへ。

其の為、彼の妹と 彼女の彼氏が代わりにお迎えに。。。。写真を持って私を探してくれたらしい。

英語がまだまだ喋れなかったあの頃の私は、見知らぬ2人組に私とGeeが一緒に 写っている写真を見せられ、「あ!この人が彼の妹さんなんだ」と、思って、少しホッとした。




Geeはハワイへ行くオーダーを受けたらしい。

其の前にと、近 くのコート・ハウスで早速 結婚の手続きを済ませた。

日本で言う、役場みたいな場所なんだと思う。

小さな小部屋で、20分?も掛からなかった様に思う。

金 銭面の問題もあって、私の憧れていた白いドレスは着れぬまま。

私とGee以外には、彼の妹デブラとGeeの友達だけの超ひっそりとしたモノだった。

彼の母 は彼が若過ぎると言う事で、私達の結婚に強く反対していた。

18歳? 彼は、日本で私に同じ年だと嘘を付いたのよ。。。




白いドレスを如何しても着たくて、彼とは喧嘩までした。

本当に愛してるんなら、そんな事くらいしてくれる筈だと思っていたのだ。

親の反対を受けてまで、彼に付いて来たのに。。。。

其の頃、低いランクだった彼には、私の気に入ったドレスや指輪を買うお金など無かったのだが。。。。






hanamitsu009 at 01:14コメント(3)トラックバック(0) 

November 04, 2005

ひ・み・つ  パート

両親の猛反対を受けても、自分の意思を通したかったこの15年。




「黒人だけは、絶対に駄目じゃけいねぇ。。。」と、きっぱり言われた。

彼と別れるつもりは、毛頭無かったが、私の言い訳など何一つ聞いて貰えなかった。

「親の言う事を聞くべきか?それとも、彼の後を追って一緒になるか?」

其の事で、私の頭は一杯だった。

毎日 考えに考えた。    そして、毎日 泣きに泣いた。




其の内、彼にオーダーが来た。    移動されるらしい。

次の新しい部署はまだ詳しくは分からないが、何処かへ飛ばされる予定。



母が病気になった。

「お願いだから、別れて頂戴。。。」と、私のアパートにふら付く病気の身で、必死に頼み込んだ母。

そんな母の姿を目にするのは、悲しくて胸が張り裂けそうだった。

私は、母が大好きだったのだから。。。 大いに尊敬もしていた。

仕事と家事をテキパキこなす、優しくて綺麗なプロママだと誇りに思っていた。

友達からも「浩恵のお母さんは、良いねぇ〜。。。」と、よく言われた。

何時か、母のようになりたいと。。。




しかし、私の本心を全く理解しようとしない母に私は、言い表せないような歯痒さを初めて覚えた時でもあった。

兄まで彼女を連れて、私のアパートに来た。

「黒人の彼とは、別れんさい。。。」 

誰も、私の事を分かってくれようとしない。




遂に決断を下した。   両親には、アメリカにホームスティーをしに行くと。

向こうに友達の知り合いが居るから。。。とか何とか言った。

「彼とは、別れたんね??」と、何度も念を押された。

「うぅ〜ん、まぁ〜ねぇ。。。」  母の目を真っ直ぐ 見れない。

私の心は、泣いている。  

初めて付く大嘘。  

でも、彼を失いたくない。。。。




続きを読む

hanamitsu009 at 12:28コメント(4)トラックバック(0) 
Google
Profile
花桃タンタン
親の猛反対を受けながらも、「恋は盲目」と、言わんばかりに駆け落ち同然で日本を脱出!それから、早15年。。。憧れの土地アメリカに住めば住むほど、反対に自分が日本人だと言う事を、はっきる痛感させられる毎日。現在は、誇りに思える世界人として振舞いたいと、修行中!
訪問者数

温度&ジョージアの時間
クリックしてチョ★
ご協力クリック★
クリックお願いします★
Adsense
Categories
今月のお勧め!!
;
英語のお勉強ブログ
時事英語もこれでOK!! 毎日1分!英字新聞 編集後記
足跡残してね〜!!
花桃のブログ・リスト
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
簡単相互リンク
Links2★
水中 バーナ
Blog people
占ってケロール☆彡
占いコーナー★

例:1970年5月5日
Powerd by ツカエル相性占い
クリックよ〜ん★
クリック!お願いネ★
アクセスアップならアクセスアップ!
紹介者のアドレスに「http://blog.livedoor.jp/hanamitsu009/ 」と入力してください
クリックお願いネ★
クリックよ〜ん★
クリック!お願いネ☆
会員登録キャンペ−ン
豪華賞品プレゼント!ビッダーズ会員登録キャンペーン
Let's  ら・く・が・き!
コレピク☆彡
ブラウニーJr.
私を登録してね
ビッダーズ★
アフィリエイトはビッダーズ!
お買い物情報★
Traffic Gain!!
クリック!クリック!
Recent Comments
Yahoo!
My Yahoo!に追加
アミゴ☆
livedoorアミーゴ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ